最低限のルールを守る

sad woman

昔とは違い、最近の若い女性はセックスに対しての考えが自由になっています。付き合っていない男性とでも関係を持つことは珍しいことではありません。時代と共に考えが変わるのは当然です。その考え自体が悪いわけでもありません。ですが、最低限のルールは守る必要があります。それは避妊です。日本の若者は避妊に対する意識が非常に低いということがいえます。それは、中絶手術が年間30万件という数字からも見受けることができるんです。実際に妊娠していなくても、妊娠してしまったかもと不安を覚えた女性は多いはずです。そうならないためにもアフターピルを常備しておきましょう。
アフターピルはセックスの後に服用することで、妊娠を防ぐことができるというものです。避妊に失敗してしまったと不安に感じたときにも対処してくれるんです。緊急用としては、アフターピルは重宝することができます。ですが、気をつけておくべきこともあります。
アフターピルを服用するタイミングです。アフターピルが効果を発揮してくれるのは、セックスの72時間後までです。その後に服用しても効果はありません。しかも、時間が経過するほど妊娠の可能性も高くなります。ですから、少しでも早く服用する必要があるんです。さらに、副作用のリスクも高いものです。吐き気や頭痛を感じることも少なくありません。
アフターピルはさまざまな注意点はありますが、緊急の場合は迷わず利用することが大事です。セックスに対する考えは自由ですが、最低限のルールは守るようにしましょう。